スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい仲間

ザーザー降りの新冠町明和。
千歳まで今年最後のヒナを迎えに行ってきました。
「もみじ」という鶏ですが、毎回雰囲気が違います。
おとなしいヒナ達のときもあれば、ざわざわしているヒナ達のときもあったり、やたら仲間を突っつくヒナ達のときがあったり…。
特に注意しないといけないのは、やたら仲間を突っつくヒナ達。
この癖は収まらないことがあり、そのまま「毛食い」という悪癖につながる可能性があるのです。
今までの感じでは、この「毛食い」という癖のついた群は、産卵がピークになるころには毛食いが酷くなり、鶏達はどんどんみすぼらしい姿になっていきます。

今回は、残念ながら要注意ビナ。
腕のみせどころです。

ヒナを連れてくると冷え込むというジンクスは回避しそう。
不安要素が一つ無くなり、ツイテルツイテル。
この調子でいってみよー。
関連記事
スポンサーサイト
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。