2015年06月

キッチンサイドファームの鶏をシェフにさばいていただいた。

口の中にナイフを入れて血管を切るという、初めて見るしめ方。
今度やってみよう。

羽をむしっていくと、生き物が食べ物になる瞬間がある。


内臓もあっという間に抜いて、各部位にばらし、オリーブオイルでこんがりと。


フフフ、旨い。


感謝。




スポンサーサイト

昨日、千歳までヒヨコを迎えにいってきた。
鶏を飼いはじめ13年。
何度通っただろう…。

今までは、道内の孵化場で孵化していたのだけれど、今年から岐阜県で孵化したヒヨコを飛行機で運ぶようになった。
生まれて直ぐに飛行機に乗るヒヨコ達はどんな精神状態になるのかわからないけれど、意外に元気。
トラブルのことも考えてのことだろうか、おまけビナが3羽も。
この3羽を子育て中のHidekoさんに預けることにした。
先日、床の掃除をしていたとき、ヒヨコくらいの大きさのネズミが出たことがあった。
その時、Hidekoさんはネズミに対して、翼、脚、クチバシを使い、怒濤の攻撃を仕掛けたので、もしかしたら新しいヒヨコにも同じように攻撃的に接するのではないかとドキドキしながら1羽放してみた。
しばらく不思議そうにしていたHidekoさんは特に攻撃的になるわけでもなく、警戒もしなかったので、残りの2羽も放してしばらく様子をみていたのだけれど、フレンドリーな先輩ヒヨコが近くに寄ってきて、何かいい感じだったので、そのまま預けることにした。
30分後、様子を見に行くと、全てのヒヨコを腹の下で温めている神対応のHidekoさんの姿が。
愛だね。愛。
癒されるなぁ。

今朝の様子。





1ヶ月前に連れてきたボリス達。
昨日、産卵率100%を記録。
ペースが早い。






久し振りに良い天気。
おまけにバイトが休み。
子供の背丈ほどに伸びた稲科の草が鶏舎の床材にちょうど良いあんばいに成長したので、昼から半日かけて草刈り&搬入。
草刈り歴10年。
ずいぶんと成長し、刈ることはあまり体力も使わないのだけれど、刈った草を運ぶのがゆるくない。
作業が終わったのが19時半。
日が長くて助かった。
まだ吸血昆虫も出ないし、今が一番いい季節。

朝起きて、この本を読み始めたら止まらなくなって、鶏達の世話をソッコーで終わらせ、午前中はこの本を読んだ。

あと二回くらい読んでから感想を書きたいと思う。
今思う事は、
自分になにか起きてるかも知れない…。
という感じ。
何かが動いている^_^
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。