2015年05月

やっと雨が降ってくれた。
しっとりと畑が吸収している。
もう少し欲しいところだ。

Hidekoさんが抱いていた卵が孵化し始めた。
何故か目頭が熱くなる。
よく頑張ったね~。
前回人工孵化の失敗で、殻を割って出てくるヒヨコの大変さも知ることができた今、ピヨの生命力に感動。
よく頑張った!


今朝は二羽確認。
直ぐに母さんの腹の下に潜り込んでしまう。
母さんはヒナを守るため、羽毛を膨らませて威嚇。

この空気感を求めてたんだよな~

鶏達の世界と人間の世界の融合。
全体になっていく感じ。
わからねぇだろうなぁ。


鶏に名前をつけたのは二度目。
名前をつけたこの子はシロやチャチャと同じように一生農園で暮らすことになる。


スポンサーサイト

すずしい曇り空の新冠町明和。
プルーンの花がひっそりと咲いている。

風に揺られてピントが合わない^_^;

ニンジンも芽を出した。

どれ?
これからのことを想像すると卒倒しそう…。

川口さん方式で定植したブロッコリーも奇跡的に鹿に踏まれず元気に成長中。


向こうまで点々と植えられている他の株もこの角度からみると草の中。

昨日、バイトの後半から熱っぽい感じ。
火曜日は超忙しいのだけれど、フラフラで頭も身体も動かない。
今朝起きると、本格的にのどがやられて熱っぽい。
アラームがなってから3時間後、ゴソゴソと起き出して鶏舎へ。
作業後、コーヒーを飲みながら外をながめる。
厚い雲の間から日がさして、草がゆれている。
昨晩降った雨で力強く光っている。

刈りたい!
そして、大豆を蒔きたい!
壊れたリヤカーをチキントラクターに改造したい!

辞めておけ、明日もっと辛くなるぞ。



せめぎあい…。

好転に恵まれ畑作業が進んだ。
今回定植したミニトマトはエアルーム品種と言われるもので、日本で言うと在来種とか伝統品種とか呼ばれるものらしい。
何故かこういうものに惹かれるのは何故だろう。

天気が安定しない新冠町。
朝は天気が良かったので育苗ハウスまわりの草刈り。
近所のどこの家よりも生育が良い。
野菜もこのくらい育てばと思うのだけれど、こちらの都合の良いようには行かないものだ。
鶏達に餌をやり、師匠に軽トラックを借りて、雛を由仁町まで迎に行ってきた。
10年以上鶏を飼ってきたけれど、大雛(120日齢)を導入したのは初めて。
さらに、ボリスブラウンという鶏種も初めて。
うちの若鶏(ゴトウ もみじ)

連れてきたボリス
光の加減だけではなくうちの鶏達とはあきらかに違う波動を醸し出している。

このボリス達は生まれて初めて大地を踏んだものと思われる。
放り投げると、上手く着地出来ないし、凸凹の床が歩きにくい様子。
草を見るのも、雄鶏を見るのも、初めてだろう。
もみじよりもおっとりした感じ。
どんな卵を産むのか楽しみだ。

由仁町は菜の花が満開!


早朝激しい雨。
畑作業できないzzzz
次に目覚めたのは9時…。
疲れてるなぁ。

先日、師匠にチェーンソーの目立てをしてもらった。
感謝!
ブレードを換えないと真っ直ぐ切れないもよう。
それでも先端を使えばまだ切れる。

カメムシの夏の棲みかになっていると思われるフジの樹を切った。
この家が越冬場所になっていることは確実なのだけれど、夏にいる場所がなければ、少しは減るのではないかという安易な思考で決行。
結果は秋。


昨晩しっかりと降った雨も上がり、畑作業。

玉ねぎ、ブロッコリー 定植。




ニンジン種まき。


少し前に定植したスナップえんどうは低温にあたり元気がない。


やっぱり、土いじりは良い。

農園の草達が勢いを増してきていて、刈っては鶏舎に放り込んでいるので、卵の黄身の色が濃くなってきた。
キッチンサイドファームで飼っている鶏は、高い産卵率を求めて作出されたものなので、それなりの栄養を与える必要があるのだけれど、気を付けないと草を与え過ぎて、それだけで満腹状態になり、栄養不足になる恐れがある。
自身の身を削って産み続ける鶏達はボロボロになる…。

こういうことを書くような養鶏はそろそろ卒業したいと最近強く思うようになった。

恐れと想いのせめぎあい。

深刻になるなとアポイに言われているような…。







QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。